トップページ

他にないユニークなパソコンアクセサリー バード電子のオンラインショップ

mass hysteresis in another situation

アクション・ダイレクトの萌芽も感じさせる、ニュー・ディレクション・ユニットの最終形態

mass hysteresis in another situation

JINYA DISC 送料無料

高柳昌行のレギュラーコンサートのひとつである『アナザー・シチュエーション』(1977年9月4日〜1984年11月16日、全24回)の最終盤(第20回)に行われた、マス・プロジェクション(集団投射)の方法に基づくライブ演奏の記録。

高柳昌行独特の方法論によるフリージャズの試みであるニュー・ディレクション・フォー・ジ・アーツ〜ニュー・ディレクション・ユニットのほぼ最終形態にも当たる作品である。ニュー・ディレクション・ユニットは、1977年頃から飯島晃とのツインギターによる編成で活動するようになったが、ここで繰り広げられる高柳/飯島の二台のエレキギターによるノイズの大洪水は、この約一年半後に開始される、ギターの自動演奏機器の開発も交えた高柳のギターソロ即興演奏=アクション・ダイレクトの萌芽を感じさせる。

約40分に及ぶ切れ目のない演奏(ただしCDでは約10分ごとにインデックスを切ってある)は、耳に馴染みのある音階やリズムを一切用いていないが、その音楽的エネルギーの爆発に真摯に耳を傾ければ、山崎弘の何かに取り憑かれたようなドラムの渦とギター二台のノイズの渦の中から聴き手それぞれに“別の響き”が聴こえてくる。聴き手はそこに、この時代(80年代中盤)に芽生えた新しい音楽の美しさを感じ取ることができるはずだ。その点で、ノイズの発生による音楽表現をさらに追求したアクション・ダイレクトへの入門盤としても、一聴に値する作品といえる。

<曲目>
  1. mass hysterism 39:91

高柳昌行 Masayuki Takayanagi(El.G)
飯島晃 Akira Iijima (El.G)
山崎弘 Hiroshi Yamazaki(Ds, Per)

1983年8月14日/明大前・キッド・アイラック・ホールにて録音

プロデュース:JINYA DISC
マスタリング:ALM RECORD
カバーアート:Yoko Hase
写真:Tatsuo Minami
解説:北里義之

(p)(c)2006 BIRD ELECTRON

商品コード B-09

価格 2,160 円(税込)

ポイント 0

数量