ENCOUNTER AND IMPROVISATION

MC-10017

ペーター・コヴァルトとのDUO

2,500円(税込2,700円)

購入数
Amazonアカウントでも買えるようになりました!

(44:03)

高柳昌行(Guitar)
ペーター・コヴァルト(Bass)
翠川敬基(Cello)

ニュー・ディレクション・ユニットからアクション・ダイレクトへの移行時期のライブ録音が地底レコードより発売となりました。

高柳昌行は81年に倒れ82年に復帰し徐々にライブ数を増やしていた。82年はニュー・ディレクション・ユニット(NDU)を休み「ロンリーウーマン」の製作と発売記念ライブ等ソロの活動が多くNDUのライブは12月の1回のみだったようです。
83年の活動はAngryWavesがメインでしたが、ジョン・チカイとのセッション、合歓の里の合歓ジャズフェスティバル。詩人吉増剛造とのセッション。鶴見での金井英人オールスターへの参加とかなり精力的。体が本調子ではないと言いながらも83年以降はライブ数を増やしている。
このアルバムの音源となったStudio200のライブは富樫雅彦とのDuo「Pulsation」の一月前になる。演奏は44分間弦楽器だけの即興演奏で高柳はアンプの音量を抑えた静的な演奏。

Studio200(池袋)
1983年4月29日録音
Mobys Records
販売元 地底レコード

CD・DVDは、ご購入金額にかかわらず送料無料となります。
CD/DVDのお支払いは、クレジットカードのみとなっております。

コンテンツを見る